XMデモ口座でMT4を使用する際の注意点

前回は、XMにおけるデモ口座の開設方法についてお話しました。

参照:デモ口座を開設する流れと注意点について

今回はデモ口座を開設した際に使えるようにするために
MT4をダウンロードすることになるのですが
そのときに注意すべき重要な点をお話させていただきます

デモ口座でMT4をダウンロードするときのポイント

MT4(MetaTrader 4)はトレードに利用する際に使用するソフトウェアで
XMの公式サイトからダウンロードすることができます。
とは言ってもそこは練習用のデモ口座であって一部機能しか使えない仕様になっています。

もし、デモ口座開設後にそのままリアル口座を開設する場合
デモ口座のMT4がそのまま使えるわけではありません。
会員ページより再度MT4をダウンロードする必要性があります。
仕様がそれぞれ異なりますであたりまえなんですけど・・・

またMT4とMT5は互換性がありません
変更したい場合は口座を増設する必要性があります。
ダウンロードをする際には、何をするためなのかをよく考えて行うといいでしょう。

MT4 (MT5) をインストールする

ここからは、MT4のインストールを行い
デモ口座でログインするところまでをお話させていただきます。

今回はPC対応MT4についての説明になります。

まずは、XMの公式サイトより
画面上部にある「プラットフォーム」を選択してください。

次に、XM公式で利用可能な取引プラットフォームの一覧が表示されます。
その中から希望するものを選択していきます。
FXのみの取引に限定される場合についてはMT4で間違いないでしょう。

※ここから先はPC対応MT4を選択した場合についての説明になります

プラットフォームを選択すると以下の画面が表示されますので
下部中央にある「ダウンロード」をクリックします。

ダウンロード」をクリックすると、MT4のセットアップが始まります。
[次へ]ボタンをクリックすると、この使用許諾契約の条項に同意したものともなされます
という表示がありますので、同意書を確認後「次へ」をクリックしてください。

PCの環境により時間は前後しますが、しばらく経つとインストールが完了しMT4が起動します。

そしてデスクトップ上にXMのアイコンが表示されるようになりますので
このアイコンをダブルクリックしてください。
プラットフォームが起動します。

MT4へログインする

ここまでくればあともう少しです。
プラットフォームを起動するとログイン画面が表示されます。

このログイン画面ではデモ口座開設時に設定した内容を入力してください。
その中で「サーバー」という項目については
デモ口座開設時に受信したメールに「サーバー情報」が記載されていますので
そちらを入力することでログインすることができます。
ログインID、パスワードともに正しい情報を入力してください。

口座開設時のメールに記載されたXMTrading用のサーバー情報を入力しないと
ログインできませんので要注意です。

「ログイン」ボタンを押すと、デモトレード(練習)ができるようになります。

デモ口座はFX以外にも活用できる

デモ口座では、FXだけでなく日経225やダウなど55種類以上の硬貨の取り扱いがあります。
新たな通貨を取引する際には、その都度デモ口座で試してみるといいかもしれません。

もちろん、初心者がプラットフォームに慣れるために利用するのもアリです。
そのためのデモ口座だと思ってください。

管理人おすすめ:海外FX口座「XM」でかんたん口座開設