さて、前回は海外FXで利益が発生したら
税金を収める必要があるというお話でした。

では、その収める税金はどのようにして決められるのかというのと
それは確定申告を行うことで収める額が決められるのです。
今回はその確定申告に関するお話になります。

海外FXをで利益が出たら確定申告が必要

確定申告は毎年1年間の所得にかかる税金の額を計算し
税務署に確定申告書を提出し、申告・納税を行っていく手続きとなります。

ではいったいいつ行うのかと言えば
それは毎年のカレンダーによって変わってくるのですが
2月16日から3月15日にかけて行われることが多いです。

とは言っても、社会人の方が全員しなければ行けないと言えば
実はそういうことではなく会社員や公務員等の給与所得者は
会社のほうで年末調整を行ってくれるので給与所得のみという方は確定申告が不要です。

しかし、給与とは別に収入がある場合は会社員であっても確定申告を行う必要性があります

これを行わなければ税金は払えませんし
日本国民である納税の義務を果たせなくなります。

ちなみに確定申告をしなければならない人の条件は以下のとおりです

・会社等に勤務している方(副業でXMをしている方):20万円を超える利益が出たとき
・収入がXMのみの方:38万円を超える利益が出たとき

確定申告を行う前にやらなければならないこと

確定申告は税務署へ提出するものであるのですが
ではどこでもいいかと言えばそういうわけではありません。
最寄りの税務署というわけでもなくこれは自分の住んでいる住所によって決められています

ちなみに自分の住んでいる住所を所管する
税務署は以下のリンクで調べられますので活用してください。

国税庁:税務署の所在地などを知りたい方

この税務署には事前に開業届を提出する必要があります
目安としては前述した確定申告をしなければならない人の条件に該当してきたときです。

というのも開業届の提出日が原則として事業開始後から1ヵ月以内となっているからです。
利益が出てからだいたい1ヶ月くらいのうちに提出するといいでしょう。
この開業届を提出することで、毎年時期になると確定申告のお知らせが税務署から送られてきます。

確定申告を提出する時期はできることなら2月中に行ったほうがいいでしょう。
3月になると税務署が混み合いますから、私の場合は面倒なことは後回しにしたくないので
できる限り2月中に提出するようにしています。

確定申告の手順

それでは確定申告の提出の手順についてお話します。
まずは必要な書類の準備に取り掛かります。

必要な書類

・源泉徴収票(給与所得のある場合)
・各種控除の証明書

確定申告はその年のすべての収支を記入することになります。
本業がある場合はFXでの収支のみの記載では不十分となりますので源泉徴収票を用意しましょう。

これは会社にもよりますが12月の給与支給日に自動的にもらえたり
そうでなければ自ら確定申告に行く旨を会社に伝えれば入手できます。
また国民健康保険税等、控除の対象になるものがある場合も各種証明書の用意が必要になります。

大抵の場合は年明け前に所得税控除の必要書類は入手できますし
国民健康保険税の証明書も自治体に電話すれば郵送してくれます。

各種書類はなるべく1月までには準備しておきましょう。

あったほうが良い書類

・XMの年間取引終始証明書
・経費に関する証明書

確定申告ではXMの取引に関する書類を添付する必要はありませんが
正確な取引額の把握のためにはあったほうがいいでしょう。

特に海外FXでお金が動く場合は税務署からの問い合わせが来ることが多いですから
そのときにちゃんと説明できるようにしておくことが大事です。

また、確定申告では利益から経費を差し引いた金額が課税対象となります。
では経費にできるものがなんなのかという話になりますが
以下のようなものが経費の対象となります。

・海外FX取引に関する本や雑誌、情報商材
・セミナー費用(交通費も計上可)
・取引に使用する自動売買EA
・VPS費用
・パソコン代(使用する割合に応じて)
・スマホ代金、通信費(一部なら経費にできる)
・XMのZero口座の取引手数料
・新聞(一般誌に限る)

意外と多いですね。

パソコンに関しては、購入費100%というわけには行きません。
そのパソコンをどのくらい海外FXのに使っているかの割合を試算します。
だいたい20%くらいになるのでしょうか。

スマホについても毎日トレードしていればこれも通信費の20%ほどを経費にすることができます。
さすがに電話代は経費にできませんが。

あとは新聞ですか。
読売新聞などの一般の新聞には経済記事もありますので
これも経費にすることが可能です。

その他、海外FXに関して使った経費の領収書は保管しておいてください。

確定申告書の作成

確定申告書は税務署で作成することも可能ですが
例年臨時で開設される作成コーナーは常に混雑しております。

確定申告書はe-Taxか予め書面で作成をして
期日になったら税務署に提出するスタイルが望ましいでしょう。
なお、いずれの方法も国税庁のHPにある確定申告書等作成コーナーで作成できますし
確定申告書の作成ができる会計ソフトを利用した方法でも作成が可能です。

私は会計ソフトを使った方法で書面を作成して税務署に書面を持参して提出する形をとっています。

今回は国税庁のHPをで作成する方法についてお話させていただきます。

国税庁:確定申告書等作成コーナー

1、国税庁のホームページより作成開始

国税庁の確定申告書等作成コーナーから「作成開始」を選択

2、e-Taxではない場合は印刷して提出を選択

e-Taxを使わない場合は「印刷して提出」を選択すれば確定申告書を印刷することが可能

このあと事前確認が求められます。

国税庁において動作確認した環境の元で使用する場合に
この作成コーナーで確定申告書を作成できますので
確認事項についてはきちんと確認した上で
利用規約に同意して次をクリックしてください。

3、以下の画面になりましたら該当年度の申告書等の作成をクリック
(一番上が最新年度になっているはずです)

4、以下の画面に切り替わりますのでここでは所得税をクリック

5、以下の画面に移行しましたら左記以外の所得のある方をクリック

6、以下の画面に移行しましたら生年月日の入力を行います。
各項目プルダウンメニューで選択できる方式になっています。
(西暦での入力も可能、なぜか令和も選択できる)

青色申告者は
税務署から青色申告の承認を受けている場合はチェックをしてください。もクリックして下さい。

すべての項目の入力が終わりましたら申告書の様式をイメージした入力画面で申告書を作成する
チェックボックをONにして入力終了(次へ)をクリック。

7、以下の画面に移行しましたら各項目に必要事項を入力していきます。

FXの収入は雑収入に該当します。
ここではまず、の項目のその他をクリックします。

以下の画面に移行しましたら記載事項を確認。
ここでは入力するをクリック。

以下の画面に移行するので必要事項を入力する。

種目のプルダウンメニューはその他にする。
すると入力ボックスが出てくるので証拠金取引と入力。

所得の生ずる場所には「F20, 1st floor, Eden Plaza, Eden Island, Seychelles
報酬などの支払者の氏名・名称には「Trading Point (Seychelles) Limited」と
それぞれ入力する。

注意、「XM Trading」は会社名ではなく、ブランド名に該当しますので
確定申告時には正式な会社名を入力するようにして下さい。

ここでもし、XMと誤って入力したとしても税務署から指摘を受けたり
確定申告が差し戻されたりするといったことはありません。
名称は正式なものを入力するのが正しいのですが多少略しても問題はありません。
その他、必要事項があれば入力を行い税務署に提出すれば確定申告は完了です。

あとは納税

確定申告は提出そればそれで終わりではありません。
給与所得の関係で所得税が還付される場合は話が変わりますが
大抵の場合はこのあとに納税を行わなければなりません。

実は税務署から納付書の通知等が来ることがないため
忘れてしまう方もいるようです。

納税の方法は以下の4種類になります。

・現金
・クレジットカード
・e-Taxでの電子納税
・振替納税

自分で申告を行い自分で納税する
ここまでが確定申告の流れとなります。

個人事業主でアフィリエイト等を行っている場合は
月末に会計ソフトを立ち上げて入力する方もいらっしゃいます。
できることは予めできるうちにやってしまったほうが後々のためにはいいでしょう。

確定申告、まとめ

以上が確定申告の流れとなります。

まず、利益が出たら1ヶ月を目処に所管の税務署に開業届を出しましょう。
そして、各証明書を揃え確定申告を行っていきます。
開業届を出せば青色申告者として認められますので控除額が上がります。
また、同じ世帯に障害者がいる等、ひとそれぞれの環境によってさらなる控除を受けることも可能です。

XMは海外FXはに該当するので所得税が「累進課税」となり高めになっています。
年間利益が1,000万円を越える場合は法人化も検討してみて下さい。

その他不明な点は税務署に相談するとよいでしょう。

税金はできるだけ少なくしたいもの。
海外FXの収入の申告は正しく、きちんと納税しましょう。

管理人おすすめ:海外FX口座「XM」でかんたん口座開設