前回までXM TradingのMT4を利用した注文の方法を
2回にわけでお話させていただきました。

方法がわかったところで次に気になるのはトレードできる時間です。
海外マーケットを利用する以上、どうしても時差というものが発生します。

今回はトレードを行う上で重要となるトレード時間についてのお話になります。

XMのFX取引時間とは?

まず、XM TradingにおけるFX取引時間は日本時間でいうところの
月曜日の朝から土曜日の朝です。

この間であれば時間帯問わず取引を行うことができます。

とは言え、いくら時間帯問わず取引できたとしても
気をつけなければならないことがあるのです。

FXでは2種類の取引時間がある
祝日やクリスマス、年末年始の取引時間

なぜ2種類の取引時間があるのか?

XMのFX取引時間には夏時間冬時間があります。
夏時間とは日本には存在しないサマータイムのことですので
切り替わるタイミングで違和感を感じるかもしれません。

当然月曜日の取引開始時間と土曜日の取引終了時間に
1時間の時差が生じるわけです。

これを把握していないと
「危険な時間にトレードして大負けしてしまった」
なんていうことが起こる可能性があります。

もちろん、危険ことは避けたいもの。
安全にトレードを行うために夏時間(サマータイム)と冬時間の
それぞれの取引時間を把握しておきましょう。

XMにおける夏時間(サマータイム)

XMにおける夏時間(サマータイム)は
「3月の最終日曜日午前1時 ~10月の最終日曜日午前1時まで」になります。

この時期の取引時間とMT4に表示される時間は、以下の通りです。

日本での取引時間 月曜日06:05〜土曜日05:50
MT4で表示される時間 月曜日23:05〜土曜日22:50

つまり夏時間の間は、日本時間の土曜日05:50~月曜日06:05までの間は
取引ができないということです。

取引ができない間は売り買いができないばかりか
持っているポジションの決済もできません。

リスクも回避できなくなりますので、金曜の夜遅く辺りからの時間帯は注意が必要になります。

XMにおける冬時間

XMにおける冬時間は
「10月の最終日曜日午前1時 ~3月の最終日曜日午前1時まで」になります。

この時期の取引時間とMT4に表示される時間は、以下の通りです。

日本での取引時間 月曜日07:05〜土曜日06:50
MT4で表示される時間 月曜日00:05〜土曜日23:50

つまり冬時間の間は、日本時間の土曜日06:50~月曜日07:05までの間は
取引ができないということです。

もちろん夏時間同様、取引を行わない時間帯は売り買い
そして持っているポジションの決済もできません。

夏時間と冬時間の比較

XMの取引時間を夏時間(サマータイム)と冬時間別にまとめてみると
以下のようになります。

期間 取引可能時間
夏時間 3月の最終日曜日午前1時 ~10月の最終日曜日午前1時まで 月曜日06:05~土曜日05:50
冬時間 10月の最終日曜日午前1時 ~3月の最終日曜日午前1時まで 月曜日07:05~土曜日06:50

夏時間は冬時間から1時間時計を早めるので、取引時間もその分ズレるわけです。
ただし、MT4における表示時間には変化がありません
ここのところが注意すべき点です。

土曜日の朝から月曜の朝は?

夏時間、冬時間に共通して言えるのが取引できない時間帯があること。
それが土曜日の朝から月曜の朝にかけてです。

これは外国為替証拠金取引を提供している全ての業者で
土日に取引ができないのです。

まあ時間帯問わず土日は取引ができないものとして認識しておけばいいでしょう。

祝日等の扱いはどうなる?

日本において祝日というのはマーケットが閉まる日。
当然取引ができないイメージがあるかとは思いますが
FXについては海外市場が取引の場になりますので
通常の取引できない土日を除けばまず取引できると思っていいでしょう。

あとは諸外国、オーストラリアや香港、ドイツなど日本ではあまり知られていない
世界各国の祝日やイベントに合わせて取引時間の変更が発生することもあります。
特にクリスマスと年末年始は特異な時間帯での取引となり
平日であっても取引できない日もありますので注意が必要です。

そういった場合は事前にメールやホームページでのアナウンスがありますので
XM Tradingからの通知や連絡は要チェックです。

取引におすすめの時間帯とは?

FX取引の取引ではおすすめと言われている時間があります。
これはFX取引のゴールデンタイムと呼ばれています。

それが、以下の4時間

夏時間 21:00 – 01:00 (日本時間)
冬時間 22:00 – 02:00 (日本時間)

なぜかというと世界の為替市場の50%以上のシェアを占める
ロンドンとニューヨークの両市場が開場しているからです。

このゴールデンタイムには市場に取引注文が殺到しますので
他の時間帯と比較してより狭いスプレットで取引可能となります。

オセアニア時間は取引するな?

逆に取引をしないほうがいいとされる魔の時間と呼ばれる時間帯があります。
それがオセアニア時間

特に日本の早朝に当たる時間帯は避けたほうがいいとされています。

このオセアニア時間というのは4:00~15:00を指し取引量があまり多くありません
その関係で、ほんのささいなことで大きな値動きをしてしまう傾向があり
「魔の時間」と呼ぶ人もいるほどです。

この中でも早朝にあたる日本での取引が増える時間帯には
予期せぬ値動きが発生しやすいとされます。
月曜の朝なんて特にそのような流れになります。

オセアニア時間の中でも日本の早朝に当たる時間帯は
予期せぬ動きでロスカットまで追い込まれることも少なくないですので
やはりこの時間帯は取引は避けるべきでしょう。

取引時間まとめ

今回は取引時間についてのお話でした。
夏時間と冬時間ゴールデンタイムと魔の時間
諸外国の祝日やイベント等、取引を行うにあたり
把握すべきことは少なくありません。

とは言っても、特異な取引時間になる場合は
メールやホームページで事前にアナウンスがありますから
XM Tradingからの通知や連絡は必ずチェックするように心がけましょう。

管理人おすすめ:海外FX口座「XM」でかんたん口座開設