FXを始めるにあたって、最も重要なことはどこの口座を利用するかです。
というのもレバレッジと追従なしという仕組みによって
今後取引できる額に大きな差が出てしまいます。

実は国内口座では最大25倍のレバレッジに対して
海外口座であるXMを利用することで888倍まで可能になるのです。

わかりやすく説明すると、元手資金100万円で始める場合
国内口座では最大2500万円分の取引しかできません
それに対してXMという海外口座を利用することで最大8億8800万円分が可能

さらに追証なし、おまけに「ゼロカットシステム」も採用しているため
万が一大きな損失が出たとしても、口座残高がマイナスになることはないのです。

もうおわかりですね。
FXを始めるには海外口座のXMがおすすめということになります。

口座の種類はスタンダートで

XM口座には三種類の口座が用意されており
マイクロ口座、XM Zero口座、スタンダード口座が存在。
いずれもゼロカットシステムが採用されております。

マイクロ口座

少ない資金でトレードが可能、最大レバレッジは888倍。
ただし、スタンダート口座が最低単価.01Lot(100円程度)で設定できるが
マイクロ口座は最大100Lotまでしかエントリーが出来ないデメリットも。

XM Zero 口座

この口座の特徴は1回のエントリーごとに手数料を支払うくとでスプレッドを狭くできる
しかし、この口座にはロイヤリティプログラムというトレードするごとに
もらえるボーナスがなく、最大レバレッジも500倍

スタンダード 口座

Zero口座ではもらえないポイント(ボーナスに変換可能)が
取引を重ねることにどんどんもらうことができます。
レバレッジも最大888倍にすることができ、取引手数料もかからない。

以上のことを考慮すると、最大の利益を獲得したいのであればスタンダード口座をおすすめします

XM口座を開設してみる

では、早速XM口座を開設しましょう。

国内口座の場合は書類の郵送等面倒なことが多いのですが
海外の口座を開設する場合はすべての行程をウェブ上で完結することができ
ものの5分程度で完了してしまいます。

以下が口座開設までの流れ。

・ウェブサイトで必要な情報を入力する
・確認メールを発信する
・口座登録完了メールを送信する

これらを完了させたあとには、利用するにあたり
本人確認とトレード用のソフトのダウンロードが必要ですが
これもそんなに面倒な作業ではなく10分程度で終わります。

・本人確認
・入金
・MT4ダウンロード

 

必要な情報の入力

XMリアル口座の登録

上のリンクよりXM公式ペーシに移動し
画像のページにて口座を開設していきます。

個人情報の入力は全てアルファベットになります。

・姓名

下のお名前、姓はいずれも例に倣って最初の文字のみ大文字にして入力します。

・居住国

ここはプルダウンメニューで選択します
日本在住の場合は「Japan」を選択してください。
※アメリカ在住の場合はXMを利用できません。

・希望言語

XMは日本語に対応しておりますのでここは「日本語」で。

・電話番号

電話番号は、国際番号表記で入力するためちょっと注意が必要です。
とはいえ、電話でのやりとりはありませんので英語ができなくても問題ありません。
国際表記とは、電話番号に先頭国番号を加えることを指します。

日本の国番号は「81」で頭にこの「81」を加えるのですが
その際に「0」をとった状態で加えることになります。
電話番号が080-1234-5678の場合は「+818012345678」(ハイフンなし)と入力する形です。

・Eメール

この項目については携帯電話やフリーメール(Gmailなど)も利用可能
普段使っているアドレスを入力してください。

・取引プラットフォームタイプ

ここではトレードを行う際に使用するソフトウェアのバージョンを選択します。
MT4とMT5の二種類がありますが、MT4よりMT5の方が新しいバージョンであり、
ビットコインなどの仮想通貨ではMT5でないと取引することができません。

とはいえ、今回はFXでで使用するためMT4でも問題ないです。
仮想通貨でも取引を想定している場合は話は変わりますが
これは追加口座の登録が可能で、あとから変更することもできますので
今回はMT4を選択しておいたほうがいいいでしょう。

・口座タイプ

ここは迷わずスタンダードタイプを選択しておきましょう。

全ての内容の入力が完了しましたら
ステップ2へ進む」をクリックして次に進んでください。

入力する際には、情報を入力する順番に注意してください。

・生年月日

日本語とは逆順になり、日にち、月、年 の順に入力します。
1991年4月1日なら「1, 4, 1991」となります。

※プルダウンメニューとなっているのでそれに倣ったほうが入力しやすいです。

・住所

こちらも生年月日同様、日本語の表記とは逆順になります。
例えば、「東京都立川市富士見町1-1-1 コーポ佐藤201号室」にお住まいの場合
以下のように入力してください。

#201, Corpo-Satoh, 1-1-1, Fujimicho, Tachikawa-Shi, Tokyo, Japan

部屋番号、建物名、番地、市町村名、都道府県名、国名の順です。

英語表記への変換が面倒という方は、日本語住所表記を英語のものに変換するサービスがありますので
変換後の表記を必ず確認した上で、利用してみてください。

JuDress(住所変換サービス)

・郵便番号

郵便番号は日本のものをハイフン「—」を除いた状態で入力します。
半角数字7桁で入力してください。

・納税義務のある米国市民ですか?

アメリカ在住でない限り、「いいえ」を選択してください。

・口座の基本通貨

日本円での取引をする場合は「JPY」を選択。
また、後で基本通貨を変更する場合には、追加口座を開設することで対応できます。

・レバレッジ

まず、レバレッジは「倍率」のことを指します。
1万円の資金があった時、日本では最大25倍の25万円分の取引が可能です。
ただしこのXMは最大888倍、つまり888万円分の取引が可能にんまります。

レバレッジで設定した倍率が888倍の場合は、利益、そして損出も888倍になるわけです。

ちなみに損出は口座から引かれるか、国内口座では追証(マイナス)になります。

XMでは、ゼロカットシステムによって残高がマイナスになるリスクを回避できるのです。
ただ、あまりにも無謀な取引を行うと資金が吹き飛んでしまし残高が底をつく可能性も当然あります。

よって、自分にあったレバレッジを設定することをおすすめします。

ちなみに、登録後にレバレッジはあとから変更することが可能です。
※XM側でアナログ変更するため多少の時間がかかります

今回の場合「1:X」という形でプルダウンメニューから選択するようになってるので
レバレッジを888倍にしたい場合は「1:888」を選んでください。

・口座ボーナス

ここは迷わず「はい、ボーナスの受け取りを希望します。」にしましょう。
もし、ボーナス受け取りを希望を選択しない場合は
新規口座開設ボーナスや入金ボーナス等がもらえません。

ちなみに、ボーナスはもらってももらわなくても、取引に影響することはありません。

・投資家情報

こちらは、審査等に影響を与えることはありません。
ご自身の情報をそのまま入力してください。

・口座パスワード

口座パスワードは、他人に知られてはいけないものですので
安全性の高いものを設定しましょう。
また条件に記された通り、小文字・大文字・数字の3種類の文字を含めなければなりません。
なお、特殊文字は使用不可です。

簡単に推測できてしまう生年月日や12345…と言うような単純なものは避けましょう。

・確認

まず、上段の項目について。
ニュースレターでは、平日はXMウェビナーの案内や
取引している商品に関するメールが届くようになります。

必ず受け取らなければならない、というわけではないので
不要であればチェックを外してください。

次に、下段について。
しっかりご自身がリスク等を把握した上で、チェックを入れます。
今一度、入力した情報等を確認してからクリックするといいでしょう。

リアル口座開設」ボタンを押して、確認メールをチェックします。

受信メールから口座開設を完了させる

「リアル口座開設」をクリックするとすぐに登録したメールアドレスに
確認メールが届くしくみになっています。

受信したメールを開いて、「Eメールアドレスをご確認ください。」
をクリックすることで登録は完了です。

XMスタンダード口座の開設はこちら