FXで数億円稼ぎました、なんて話を聞いたことがあるなんて人もいるでしょう。
そして、それをダシにして無料オファーを展開する人がいて
その無料オファーに登録した人は何本か動画を見せられて
最終的には使い物にならないEAを数十万で買わされて借金だけが残った。
こんなことがネットビジネスではよく起こっているのです。

こういう話があるとFXで数億円なんて本当に起こりうるのかってなりますけど
わずかではありますが実際にそれだけのお金を手にする人もいるのです。

とはいえ、FXで稼ぐにはそれなりの経験と知識は必要。
勉強して場数を熟した上での結果なのです。

では、FXで一攫千金という夢のような話を現実化するために重要なのが
どんな環境でトレードを行っていくのか、というのが大きなポイントとなります。

FXで重要なこと

まずFXについてですが大きな利益を出すためには
為替レバレッジという2つのことが重要です。

ただ利益を出すためだけなら為替だけ注視していればいいのでしょうけど
利益を大きくするためにはレバレッジも重要になってくるのです。

FXにおける為替の役割

FXというのは通貨の変動を利用して行うもの。
早い話、為替の変動によって利益が出るのです。

例えば、アメリカに旅行したとします。
アメリカでは日本の通貨を使うことができませんので
現地の通貨に両替しなければなりません。
日本円を米ドルへの両替ということになります。

そこで両替をするのですがその時点での相場が1ドル100円でした。
ただ、帰国するまでの間に使い切ることができず100ドル余りました。
このときに、余った100ドルを日本円に両替するのですが
為替が変動していて1ドル115円になっていました。
1万円だったはずが11,500円になって戻ってきたのです。

元のレートであれば1万円だったところ
為替の変動によって11,500円となり1,500円増えたのです。

もしこれが10万円であれば15,000円の利益になりますし
100万円であれば15万円の利ざやが狙えるのです。
これがFXで利益が発生する仕組みになります。

一攫千金を狙うために重要なキーワード「レバレッジ」

FXにで大きな利益を狙うにはレバレッジが重要。
レバレッジはてこの原理の「てこ」という意味があり
少ない力で大きな効果を狙えるのです。

FXの場合この「てこ」を掛けることができ
10万円の元手でもレバレッジが25倍であれば250万円の取引が可能になります。
とはいえ、トレードが成功すれば当然利益は25倍になるのですが
失敗した場合もその損失は25倍となるシステムになっています。

ようするにFXでは為替レバレッジの二大要素がうまく噛み合い
一攫千金も夢ではないということになるのです。
ただ、それにはFXに関する基礎知識やトレードの経験値が高くないといけません。
なにもないところから一攫千金を狙うのは危険行為と言っていいでしょう。

そのために、デモトレードで経験不足を補い
日々の勉強で基礎知識を身についていくことがFXで大きな利益を生み出す近道となります。

海外FXか国内FXか?

では、FXで大きな利益を上げるための環境についてですが
FX業者をどこにするかによって変わってきます。
その選択肢は海外FX国内FXの2点です。

国内FX

一攫千金という点から考えたときに重要なのが「レバレッジ」ですが
国内FXについては規制からこのレバレッジの上限が25倍と低く抑えられています。
この点が海外FXと比較すると物足りないところで一攫千金を狙うにはちょっと心もとないでしょう。
また、このレバレッジの上限が10倍になるなんて話もあります。

そして取引方法も「OTC取引」を採用していますので
「投資家が損をすると得をする」というシステムになっているのです。
悪質なFX業者も存在するため、注文を呑まれてしまうことも。
一攫千金を狙うには難易度が高いでしょう。

海外FX

FXにおいて大きな利益を狙うにはやはり海外FXでしょう。
その大きな特徴がレバレッジの高さにあります。
このブログで取り上げているXM Tradingはそのレベレッジが888倍
一攫千金を狙うには魅力的でしょう。

そして、取引方法も「NDD取引」を採用しており
ユーザーが取引をするたびに業者も儲かるという形になっています。

海外FXはユーザーが得をして、沢山取引してくれた方が儲かる仕組みということ。
これが海外FXを選択する理由の一つになるでしょう。

大きな利益を生み出すにはやはりハイレバレッジ

一攫千金を狙うにはやはりハイレバレッジを利用するしかないでしょう
ここからはハイレバレッジの概要となぜ海外FXなのかをお話していきます。

ハイレバレッジは魅力的

給与所得というのはどれだけ働いても基本的な額は同じ。
まあ、残業手当が出れば多少変わりますけど。

しかし、FXではポジションが100万円であろうが、1億円であろうが
注文しポジションを確定させ、ポジションを決済するという作業のみ。
同じ時間作業しても元手の大きさによって差がつくのです。

こういうときはレバレッジの高さがものをいいます。
ハイレバレッジは元手の少なさを補ってくれて
一攫千金を狙うには大きなアドバンテージとなってくれるのです。
例えば10万円の証拠金では、888倍のレバレッジがあれば
8880万円の取引ができてしまうのです。

海外FXは追証なし

レバレッジの高さが魅力的なの海外FXであるというのは理解できたかと思います。

しかし、海外FXであるというのはにはもう一つ大きな特徴がありそれが追証です。
この追証についてもお話させていただいています。

国内にハイレバレッジがあったら危険

もし、国内FX業者に888倍のような業者があったとすると
かなり危険な存在であると断言できます。

というのもレバレッジというのは利益を数倍~数百倍にすることができるのですが
FXは勝つこともあれば負けることもあります。
ようするに損失も同様に数倍~数百倍になるのです。

ハイレバレッジで証拠金以上に損をしてしまうのでは?って話になります。

実は、国内FX業者は証拠金以上の損失を追証という形で請求してきます
国内FXは業者に追証ありの「888倍」のレバレッジを提供してくる業者が存在したら
10万円の888倍=8880万円の取引ができます。
(国内FXは規制により25倍まで)

そして、予想以外の方に相場が1%動いた場合、88万円の損失が発生。
追証があるので、残りの78万円が請求されてしまうのです。
支払うことができればいいのですがそれが無理なら借金というケースになってしまいます。

海外FXには追証がない

一攫千金を目指すのにハイレバレッジを利用して運用する。
これは魅力的な選択肢であることは理解していただいたかと思います。
そこに通常では追証というものがあり、実はハイリスクであるということも
説明させていただきました。

ところが、海外FX業者にはこの追証がないものがほとんどで
先程の例でいうと損失で請求されるはずの78万円は負担しなくていいのです。

これは顧客を保護するという意味ではトレーダーにとって優しいシステムと言えるでしょう。

ハイレバレッジはハイリスク?

海外FXはハイレバレッジでなおかつ追証がありません
これで、ある程度のリスクは軽減されていると言えます。

とはいえ、それでもハイレバレッジは怖いという方のために
リスクについてお話したいと思います。

やはり、自分のお金が動く以上はリスクを理解しないといけませんね。

元本を失うリスク

海外FXで、ハイレバレッジを行う上での最大のリスクは元本を失うこと
追証がないので証拠金以上のお金を失うことはありませんので
借金のリスクがなくマイナスになることもありません。

とはいえ、追証がなくても元本を失うリスクがある以上ゼロになる可能性はあります
特にハイレバレッジで運用している場合はそのリスクが高くなる傾向にあるのです。

資金管理はしっかりと

例えば、投資に利用できる資産が100万円あったとします。
よくやりがちなのがこの100万円すべてを証拠金として使用して
XM Tradingで888倍のレバレッジをかけたとします。

このときのポジションは8億8800万円になります。

もし、価格が予想する方に1%動けば888万円の利益が発生します。
これが逆の方向に動いたらどうなるか?というと証拠金がすべてなくなってしまうのです。
この場合では資産が100万円ですので、資金をすべて失うことになります。

このケースのようなことも考えられますので、ハイレバレッジの運用では
一攫千金を狙う場合はバランスを考えた運用を心がけることが重要です。

例えば100万円の資金があればそのうち10万円のみを証拠金として
レバレッジを掛ければ仮に損失が出ても資金の10%なので資金が吹っ飛ぶようなことは回避できます。

ハイレバレッジで一攫千金を狙うのであれば
資金をゼロにしないためのリスク管理も必要と言えます。

ハイレバレッジを抜きに考えても海外FXのほうがいい

海外FXのほうがのメリットはたくさんあります。
ハイレバレッジでかつ追証がないため一攫千金を狙うには良い環境と言えます。

しかし、ハイレバレッジを利用して一攫千金を狙うというわけではないとしても
海外FXのほうがのほうが国内FXはよりも優れた点が多いのです。

海外FXのほうがトレーダーにやさしい

海外FXのほうがのほうが国内FXはよりも良い点をもう一つ挙げるとすれば
NDD取引を採用していることです。
このNDD取引はノンディーリング・ディスクの略式で
日本語ではインターバンク直結型とも言われます。

で、国内FXで採用されているのがOTC取引
主にFX業者がディーラーとなり、業者と取引をする事になるのです。
この方式は投資家が損をすることで儲かる形となっています。

また、一部の悪質な業者には投資家が不利になるような嫌がらせをしてくるものも存在。
投資家に旨味がなくいいところがひとつもありませんね。

一方、海外FXで採用されているNDD取引の場合は
投資家が儲かろうか儲からまいが取引が発生すれば儲かる仕組み。
それも取引量が増えれば(投資家が儲かって、多く取引をする)増えるほど利益が増えていくのです。

このNDD取引はほとんどの海外FXで採用されている方式。
もし、FXで一攫千金を狙っているわけではなく、レバレッジにもこだわらない
なんていう方でも海外FXを利用する意義は存在するのです。

最高レバレッジ888倍のXM Tradingをおすすめする理由

一攫千金を狙うなら、FXで資金運用をするのであれば海外FXがいいというのは
理解していただけたかと思います。
とはいえ、海外FX業者もたくさんありNDD取引を採用していないものもあります。

FXで勝つために業者選びも重要ですね。

海外FXならXM Tradingがおすすめ

海外FX業者はたくさんありますがそのなかでもXM Tradingをおすすめしたいです。
ではなぜXM Tradingなのかというをお話していきます。

XM Tradingにはスタンダード口座、マイクロ口座、Zero口座という3つの種類の口座があります。
その中でスタンダード口座、マイクロ口座についてはスプレッド・手数料・約定力に違いはありません。
しかし、Zero口座は一回あたり5ドルの手数料を支払う事により、最狭0pipsという
スプレッドが可能になるのです。

約定力やスプレッド・手数料に関しては、他の海外FXと比較した時に
全体的に高い数値を出しており、最もバランス型の海外FX業者だと言えます。

また、初心者に特におすすめしたい点がこのXM Tradingに多く存在します。
XM Tradingは口座開設するだけで3,000円のトレード資金がもらえます
現金として引き出すことができませんが証拠金として使用することが可能。

この場合、仮に損をしても実質的に損をすることがありません。
利益が出ればそのまま利益になりますので通常では考えられないトレードができるのです。

また、最小入金額が500円からというのも初心者にはおすすでできる材料となります。
初心者のうちは損をすることも多くなりますので、投資に回すお金を作れない
なんて方もいるでしょう。

通常では、海外業者の最小入金額が2~3万円程度とされているものが多いので
その点を考えると初心者には優しいFX業者だと言えます。

管理人おすすめ:海外FX口座「XM」でかんたん口座開設