海外FX業者であるXM Tradingはマイナンバーの提出を求めてくることがあります。
そのように言われると「本当に必要なのか?」と思ってしまうのではないでしょうか。

では本当にマイナンバーを登録しなければならないのか。
今回はこちらについてお話していきます。

XMにマイナンバーの提出は必要か?

マイナンバーは個人を特定できる非常に機密性の高い情報です。
安易に渡したくはないと思います。

XM Tradingでは「追加情報が必要です -CRS」のメッセージとともに
マイナンバーの有無を聞かれることがあります。

実はXM Tradingにおいては必ずしもマイナンバーを渡す必要性はありません
登録せずとも口座開設は可能ですし、取引、出金も行うこともできます。

どうしてマイナンバー提出の話がでてくるのか

そもそも、なぜマイナンバーを提出するというお話になるのか?
現在、国内のFX業者の口座開設にはこのマイナンバーの登録をしなければなりません

ですので、海外ではありますが同じFX業者なんだから
やはりマイナンバーが必要じゃないか、ということになってきますが
XM Tradingについては、マイナンバーの登録の義務はありません。
つまり、提出をしなくても口座開設ができるのです。

ただ、今のところマイナンバーの提出が義務化されていないというだけで
今後国内のFX業者と同じようにやはり提出して下さい、という話になるかもしれません。
もし、そのような話になったら提出すればいいのです。

どのみち納税のための確定申告の際に必要になってきますので
まだ持っていないという方は用意したほうがいいでしょう。

通知カードはマイナンバーカードではありません

マイナンバーとは日本国民1人1人に与えられる固有の番号であって
その番号が変更されることはありません。

で、このマイナンバーが記載されているものは実は2種類あり
通知カードマイナンバーカードになります。

通知カードというのは住民票を有する方すべてに与えられる紙製のカードであって
マイナンバーカードとしては使用することができないものです。
XM Tradingではこの通知カードを身分証明書として使うことができません。

もし、通知カードして持っていない場合は
マイナンバーの有無の選択において「いいえ」を選択しても全く問題がないのです。

ただ、通知カードに記載されている番号はマイナンバーカードと同じものであって
マイナンバーの提出をしたいときにに通知カードしかない場合は
この通知カードの番号を記入すればいいわけです。

今のところはXM Tradingにおいてはマイナンバーは不要ですから
提出しなくても問題はありません。

これが国内のFX業者の場合ですと規約にてマイナンバーの提出が義務付けられていて
口座を開設することすらできません。
マイナンバーなしで口座が開設できるのも海外業者であるXM Tradingを選択する一つの理由になるでしょう。

マイナンバー無しでもXM Tradingの入出金や取引は問題なく可能

XM Tradingにおいてはマイナンバーの登録をしなくても口座開設や取引、入出金ができます。

では、なぜXM Tradingがマイナンバーの提供を求めるのかと言うと
XM Tradingの拠点がヨーロッパ圏でありその地域での規制が厳しいからです。

MiFID II (Markets in Financial Instruments Directive:第二次金融商品市場指令)の欧州規制
および共通報告様式 (CRS)に準拠するべく、 XMはお客様に国籍および
納税者番号 (TIN)に関する情報をご提供いただく必要がございます。

早い話、マイナンバーの提供はヨーロッパ圏限定ということになります。
当然日本在住であればXM Tradingにマイナンバーを提供する必要はありません。

とはいえ、マイナンバーは絶対に必要

今のところ、XM Tradingにはマイナンバーを提出しいなくてもいいのですが
確定申告の際にはマイナンバーが必要になります。

FXで利益が出たら確定申告をして納税しなければなりません。
日本人には納税の義務がありますから。
え?消費税を払ってるからそれでいいじゃん?

いや、住民税に所得税に・・・納めなければならない税金があるのです。
確定申告を行うことで収める税金を少なくすることはできますけど
利益が発生したらこれらの税金は払わないといけません。

でなければ脱税で捕まってしまいます
捕まるというのは少々大げさかもしれませんけど
税務調査が入るといろいろと厄介なことになりますから。
自分はちゃんと税金を納めているので経験ありませんけど。

というのも脱税が発覚すると最大7年まで遡って調査され
追徴課税という形で通常よりも余分に税金を納めなければなりません
これを無視すると捕まってしまうということ。

とにかく、FXで利益が出たら確定申告を行って
税金をキチンと納めることですね。
そのためにもマイナンバーが必要ということです。

マイナンバーがわからない?そのときどうすれば良いか。

XM Tradingにはマイナンバーを提出しなくてもいいのですが
今後のことを考えればマイナンバーを提出したほうがいいかもしれません。

確かにあえて出さないという手もありますけど
今後制度が代わり、XM Tradingでも国内FX業者並に規制が厳しくなり
マイナンバーの提出をしなければならない可能性もあります。

そうなれば、XM Tradingにマイナンバーを提出することになります。
とはいえ、普段の生活にマイナンバーなど必要ありません。
自分だって確定申告のときにしか使ってませんから。

普段の生活に使ってない、確定申告も行っていない。
そもそも自分のマイナンバーって・・・
とマイナンバーそのものがわからないなんて人もいることでしょう。

中にはマイナンバーカードは手に入れたけど
紛失してしまったなんて方がいるかもしれません。

そういうときにではどうすればよいかをこれからお話していきます。

マイナンバー通知カードを再発行する

マイナンバー確認のための1つ目の方法がとして
まず挙げられるのがマイナンバー通知カードの再発行です。

マイナンバー通知カードは2015年10月より順次国民に簡易書留で送付されておて
すでにすべての国民に対しての通知が完了済となっています。

緑色のカードで、マイナンバー、氏名、住所、生年月日、性別などが記載されています。

もし、受け取った記憶がない、受け取ったはいいけど捨ててしまった等
紛失してしまった場合でも、市役所に行けば再発行が可能です。

このマイナンバーを再発行するには以下の4つのものが必要になります。

再発行の申請に必要なもの
  • 手数料500円
  • 顔写真付きの身分証明書1点、もしくは顔写真付きでない身分証明書2点
  • 通知カード紛失届(窓口で記入)
  • 通知カード再交付申請書(窓口で記入)

ただ、手続きが終了してもマイナンバーカードがすぐ再発行されるわけではありません。
後日改めて受け取りに行くか、住民票に記載されている住所に送付されることになっています。

再発行手続きをして受け取るまでには、申し込みの時期にもよりますが
だいたい3週間から1ヶ月程度かかるものとして考えて下さい。
早い話、必要になったその時にすぐには受け取れないということです。

そのため、マイナンバーカードや通知カードの行方がわからなくなっているのであれば
今のうちから再発行の手続きをしておく必要があります。

重要なのは再発行にはある程度の時間を要すること。
これは頭に入れておいて下さい。

マイナンバーを知りたいというだけなら住民票を発行する

次に、マイナンバーだけを知りたい場合についてのお話です。
マイナンバー通知カードは再発行までに時間がかかります。
1ヶ月も待ってられないがマイナンバーだけは知りたいなんていう方もいるでしょう。

その場合には住民票を発行することで、すぐにマイナンバーを知ることができます
住民票であれば申請したその場で受け取ることができますのでこれが一番早い方法と言えます。

ただ、一つだけ注意点をあげるとすると住民票を発行するときに
「マイナンバーの記載あり」という項目にチェックを入れて申請することです。
そうすることでマイナンバーが記載された住民票が手に入るのです。

マイナンバーは提出したほうがいい

今回はXM Tradingにマイナンバーを提出する必要性についてのお話でした。

現状ではマイナンバーの提出は義務ではありませんが
後規制が厳しくなりマイナンバーが必要になる可能性もありますので
もし手元にあれば出したほうがいいかもしれません。

もし、マイナンバーが手元にない場合は今のうちに再発行をしておくといいでしょう。
利益が出れば納税のために確定申告が必要になり、そこでマイナンバーが必要になります。

そうは言ってもマイナンバーは個人情報にあたりますから
XM Tradingには渡したくないという気持ちもあると思います。
ですのであらゆる状況を想定して提出するしないに関わらず
最低限マイナンバーの準備だけはしておいたほうがいいでしょう。

管理人おすすめ:海外FX口座「XM」でかんたん口座開設